ABA(応用行動分析学)で自閉症を療育

設立の思い

諦めずに教え続ける大切さ

 

ラマゾン君と出会ったのは、私が豪州シドニー大学に留学していた4年生の時だった。
ラマゾン君はその頃、私が在籍していた発達障がいの指導センター、「チルドレンズセンター(Children’s Center)」に来ていた。
小学2年生の彼は、家族とトルコからきた移民で、小さい頃から両手両足の不自由があり、難読症、自閉症を抱えていた。

 

センター内でラマゾン君の担当を希望する生徒は誰もいなかった。私はあまり考えずに手を挙げた。その瞬間、クラスで失笑が起こった。それもそのはず、よりにもよって、センター内で唯一の「外国人」で、英語もそれほど上手くなかった私が、難読症を持ち、重い障がいを複数抱える「問題児」の担当を希望したのだから。
ラマゾン君は体格の大きな男の子。着席ができず、気に入らないことがあるとすぐに叫び、物を投げつけた。初めて本を手渡すと、彼はその本を指の上でくるくると回した。私の課題はまず、「本は読むためのもの」と彼に教えることだった。

 

こうして悪戦苦闘の日々が始まった。でも私にとって、辛くはなかった。むしろラマゾン君に会えるのが、楽しみで仕方なかった。毎回どんなことなら楽しんでもらえるのか考えるのが、楽しかった。

 

2か月が経ち、何の指示にも従わなかったラマゾン君の着席時間が、少しずつ伸びていった。本も回さなくなっていた。そう、彼は間違いなく成長していたのだ。そしてある日、文字の「指おい」をしていた彼が、私のほうを見て笑うと言った。
‘I can read!’ 読める!と叫んだのだ。
ラマゾン君は立ち上がり、まるで野球選手がホームランを打ったかのように、何度も教室をぐるぐる走り回った。担当教授が涙を浮かべながら、私に声をかけてくれた。何が起こったのかよくわからなかった私は、その時初めて我に返った。そして彼に諦めずに教え続ける大切さを教えられたのだ。

 

ラマゾン君との関わりがきっかけで、彼のような子どもたちを助けたい、彼のような子どもたちと真剣に向き合いたい、と強く思うようになった。そして帰国後の2008年、「チルドレン・センター」を設立。子どもたち(チルドレン)が、人生の真ん中(センター)におかれ、大切にされるようにようにという想いを込めて。

 

 


matsuda01



松田幸都枝 (まつだこずえ)

BCBA(認定行動分析士)
NYS-Licensed Behavior Analyst  (米国、NY州行動分析士ラインセンス)
チルドレン・センター代表

豪州シドニー大学教育学部、米国フロリダ州の大学院にて心理学部(応用行動分析学)卒業。オーストラリアやカナダなどにおける特別支援級、初等教育資格を取得。シドニー大学在学中から現地の発達障がいの子どもたちと関わり、欧米諸国、オーストラリア、日本での現地校、インターナショナルスクールにて勤務。2008年、東京都、渋谷区で「チルドレン・センター」を設立。国際行動分析学会などでも発表。




チルドレン・センター
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-5-9
ミドルリバー広尾302
  • 駐車場あり(要予約)