チルドレン・センター

ABA(応用行動分析学)で自閉症を療育

チルドレン・センターとは

チルドレン・センターはABA(Applied Behavior Analysis:応用行動分析学)を基盤に、国際資格である協会認定行動分析士-博士®(BCBA-D®)、協会認定行動分析士®(BCBA®)、協会認定準行動分析士®(BCaBA®)、そして登録行動テクニシャン®(RBT®)を持つ指導者が、自閉症や発達しょうがいのある子どもたちを療育するエージェンシーです。東京とニューヨークを拠点にしています。​

チルドレン・センターとは
コース紹介

コース紹介

初回無料相談後、お子さんに最も適切なコースをご紹介しております。

ABAとは?​

ABA(Applied Behavior Analysis:応用行動分析学)は教育、スポーツ、企業コンサルティング、リハビリ、老年学などに幅広く活用されており、とりわけ自閉症児や発達障害患者の問題行動を改善するのに用いられます。米国では、2015年、発達障害や自閉症に関して「科学的根拠のある治療法」として保険適応の州が全国半数を超えました。カナダでも早期療育には、必ずABAが導入されています。発達障害または自閉症児にABAプログラムを使う際には、問題行動の軽減、スキルの向上、コミュニケーションの増加などに用いられます。​
ABAとは?​
ABAの国際資格をもつ指導者とは​

ABAの国際資格をもつ指導者とは​

チルドレン・センターの指導者たちは、博士をはじめとしてABAの国際資格を持っています。​
国際資格である協会認定行動分析士-博士®(BCBA-D®)、協会認定行動分析士®(BCBA®)、協会認定準行動分析士® (BCaBA®)、そして登録行動テクニシャン®(RBT®)がご指導を実施します。​

ACT

ACTとは、アクトと読みます。アクセプタンス&コミットメント・セラピーの略です。ACTは、厳密な行動分析学の科学と機能的文脈主義の哲学に基盤を置いて、クライアントの行動とその行動が起こる文脈に焦点をおいたエビダンスベースのトレーニングです。発達しょうがいの子どもたちの問題はもとより、保護者のもっている問題にも臨床行動分析的アプローチを用いて解決をしていきます。​
ACT
ACE

ACE

チルドレン・センターは、ACEという国際的な認定を受けています。 ACEとは、行動分析士認定協会(BACB) から承認を受けて授与された 公認継続教育提供者という資格です。
国際資格でもある認定行動分析士(BCBA)は、その水準を常に保つために行動分析学の分野で経験を積み、トレーニングを受け、指定された期間にBACBに継続教育単位を申請する必要があります。チルドレン・センターで開催されるイベント等で発行する教育単位は、BCBAの正式な研修としてBACBから認定されます。

テレヘルス(Telehealth)/オンライン指導とは?​

テレヘルス(オンライン指導)は、デジタル技術の進化によりビデオチャットなどで自宅などどこからでも医療関係者の診察を受けることができるサービスです。米国では1970年代には、医療業界でテレヘルスが使用され、病院にいけない人のオンライン診察が実施されてきました。以来、テレヘルスは成功を収めています。​ 国際資格である協会認定行動分析士-博士®(BCBA-D®)、協会認定行動分析士®(BCBA®)、協会認定準行動分析士® (BCaBA®)、そして登録行動テクニシャン®(RBT®)を持つ指導者が、)は世界中にいますが、特に米国では医療従事者としての位置づけをされています。カリフォルニア州では、2011年のテレヘルス推進法が制定され、テレヘルスを使う指導に関して様々な研究が進められています。ABAでは、アセスメント、介入計画の作成、直接的な介入(個人・集団)、直接・間接的なスーパービジョン、ペアレントトレーニング、など様々な指導がテレヘルスによって行われます。​
テレヘルス(Telehealth)/オンライン指導とは?​
学会発表と出版物

学会発表と出版物

  • Matsuda, K., Garcia, Y., Catagnus, R. et al. Can Behavior Analysis Help Us Understand and Reduce Racism? A review of the Current Literature. Behav Analysis Practice (2020). https://doi.org/10.1007/s40617-020-00411-4​

  • Mikio Hraiwa, MD & Kozue Matsuda (2016) The evidence-based treatment for the developmental disorder. Nakayama Shoten. Tokyo. (A book for a medical professional in Japanese) ​

  • Matsuda, K, Uramoto, M., Miyazaki, K (2014). The practice and the effect for Group teaching using Applied Behavior Analysis. The Japanese Journal of Autistic Spectrum 12-11, 2014.

最近の投稿

並べ替え
  • slide image
  • slide image
  • slide image
スタッフブログ
コロナ禍でずっとオンラインで実施していた学会でしたが、今年は、米国・ボストンで開催されました。日本人の先生方はPCR検査の煩雑さや感染増加の傾向を見込んで不参加の先生方がほとんどでした。(とても聡明な選択だと思います) そんな中ではあります...
  • slide image
スタッフブログ
こんにちは、ABAセラピストのインフィールドフライです。 ABAセラピーのVB-MAPPのプログラムには、会話プログラムがあります。 どんなことをしているかというと、 フレーズや歌の続きが言える、名前を聞かれて答えられる、 歌以外の穴埋め(...
VB-MAPP Listenerのプログラム
スタッフブログ
こんにちは、今回はVB-MAPPのリスナーのプログラムについてお話します。 聞くスキルのプログラムになります。 話している人物とアイコンタクトが取れる、自分の名前を聞いて反応する、自分の好きなものを取る・触る・見る、指示が分かる、いろんな種...
チルドレン・センターのABAのプログラム タクト編②
スタッフブログ
チルドレン・センターのきってのワードチョイスが冴えわたるお子さんのタクト集を集めましたので、お楽しみください。 なぞなぞの質問をした時→急に流暢な英語で「I don’t know」 目と目が合った時→「大好き」先生も大好きだよ おやつをもう...
チルドレン・センターのABAのプログラム タクト編 ①
スタッフブログ
こんにちは、ABAセラピストのインフィールドフライです。 チルドレン・センターのプログラムの一つ、タクトについてご紹介です。 タクトとは? 言語オペラントの一つで、非言語的弁別刺激によって機能的にコントロールされる。そして、般性条件性強化(...
一番難しいと思うVB-MAPPのプログラム
スタッフブログ
私が一番難しいと思うVB-MAPPのプログラムがマンド練習(要求言語)です。 なぜなら、お子さんの価値と合わないと絶対出来ないと思うからです。 その分、価値と合うと、すぐ習得出来たり、般化も出来ることが多いです。 中でも、5WHの質問をする...
お子さんが羨ましくなるABAセラピスト
スタッフブログ
2022年になりました。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 新年明けて、お子さん達のご自宅に伺いABAセラピーに行ったり、チルドレン・センターでABAセラピーをすると、久しぶりなので、違いや変化が分かりやすいことが多いです。 とあるお...
【自閉症】遊びの切り替えが出来ない!?【療育】その①
スタッフブログ
A先行刺激   :大人が「おしまいにするよー!」とおもちゃを片づける Bお子さんの行動:「ぎゃーー!だめだめー!」とお子さんが泣き叫ぶ C後続条件   :大人が「まだやりたいのね」とおもちゃを戻す チルドレン・センターにご相談頂いた遊びの切...
チルドレン・センターの体育
スタッフブログ
小学生のお子さんのABAセラピーでは、体育があるケースがあります。 ボール遊び、バドミントン、体操をしたり、ヨガをしたりして体を動かしています。 チルドレン・センターにあるヨガマットを使って本格的にやってもらっています。 皆さん、最初は一体...