チルドレン・センター

ABA(応用行動分析学)で自閉症を療育

チルドレン・センターとは

チルドレン・センターはABA(Applied Behavior Analysis:応用行動分析学)を基盤に、国際資格である協会認定行動分析士-博士®(BCBA-D®)、協会認定行動分析士®(BCBA®)、協会認定準行動分析士®(BCaBA®)、そして登録行動テクニシャン®(RBT®)を持つ指導者が、自閉症や発達しょうがいのある子どもたちを療育するエージェンシーです。東京とニューヨークを拠点にしています。​

チルドレン・センターとは
コース紹介

コース紹介

初回無料相談後、お子さんに最も適切なコースをご紹介しております。

ABAとは?​

ABA(Applied Behavior Analysis:応用行動分析学)は教育、スポーツ、企業コンサルティング、リハビリ、老年学などに幅広く活用されており、とりわけ自閉症児や発達障害患者の問題行動を改善するのに用いられます。米国では、2015年、発達障害や自閉症に関して「科学的根拠のある治療法」として保険適応の州が全国半数を超えました。カナダでも早期療育には、必ずABAが導入されています。発達障害または自閉症児にABAプログラムを使う際には、問題行動の軽減、スキルの向上、コミュニケーションの増加などに用いられます。​
ABAとは?​
ABAの国際資格をもつ指導者とは​

ABAの国際資格をもつ指導者とは​

チルドレン・センターの指導者たちは、博士をはじめとしてABAの国際資格を持っています。​
国際資格である協会認定行動分析士-博士®(BCBA-D®)、協会認定行動分析士®(BCBA®)、協会認定準行動分析士® (BCaBA®)、そして登録行動テクニシャン®(RBT®)がご指導を実施します。​

ACT

ACTとは、アクトと読みます。アクセプタンス&コミットメント・セラピーの略です。ACTは、厳密な行動分析学の科学と機能的文脈主義の哲学に基盤を置いて、クライアントの行動とその行動が起こる文脈に焦点をおいたエビダンスベースのトレーニングです。発達しょうがいの子どもたちの問題はもとより、保護者のもっている問題にも臨床行動分析的アプローチを用いて解決をしていきます。​
ACT
ACE

ACE

チルドレン・センターは、ACEという国際的な認定を受けています。 ACEとは、行動分析士認定協会(BACB) から承認を受けて授与された 公認継続教育提供者という資格です。
国際資格でもある認定行動分析士(BCBA)は、その水準を常に保つために行動分析学の分野で経験を積み、トレーニングを受け、指定された期間にBACBに継続教育単位を申請する必要があります。チルドレン・センターで開催されるイベント等で発行する教育単位は、BCBAの正式な研修としてBACBから認定されます。

テレヘルス(Telehealth)/オンライン指導とは?​

テレヘルス(オンライン指導)は、デジタル技術の進化によりビデオチャットなどで自宅などどこからでも医療関係者の診察を受けることができるサービスです。米国では1970年代には、医療業界でテレヘルスが使用され、病院にいけない人のオンライン診察が実施されてきました。以来、テレヘルスは成功を収めています。​ 国際資格である協会認定行動分析士-博士®(BCBA-D®)、協会認定行動分析士®(BCBA®)、協会認定準行動分析士® (BCaBA®)、そして登録行動テクニシャン®(RBT®)を持つ指導者が、)は世界中にいますが、特に米国では医療従事者としての位置づけをされています。カリフォルニア州では、2011年のテレヘルス推進法が制定され、テレヘルスを使う指導に関して様々な研究が進められています。ABAでは、アセスメント、介入計画の作成、直接的な介入(個人・集団)、直接・間接的なスーパービジョン、ペアレントトレーニング、など様々な指導がテレヘルスによって行われます。​
テレヘルス(Telehealth)/オンライン指導とは?​
学会発表と出版物

学会発表と出版物

  • Matsuda, K., Garcia, Y., Catagnus, R. et al. Can Behavior Analysis Help Us Understand and Reduce Racism? A review of the Current Literature. Behav Analysis Practice (2020). https://doi.org/10.1007/s40617-020-00411-4​

  • Mikio Hraiwa, MD & Kozue Matsuda (2016) The evidence-based treatment for the developmental disorder. Nakayama Shoten. Tokyo. (A book for a medical professional in Japanese) ​

  • Matsuda, K, Uramoto, M., Miyazaki, K (2014). The practice and the effect for Group teaching using Applied Behavior Analysis. The Japanese Journal of Autistic Spectrum 12-11, 2014.

最近の投稿

並べ替え
⼦どもが⽂句ばかり⾔う理由と発達障害(発達しょうがい)との関係:対応⽅法について
ナレッジ
文句ばかり言う子供について保護者や先生からご相談を受けることがよくあります。 「自閉スペクトラム症じゃないんですけど、文句を言うので扱いにくくて・・・」 「発達障害(発達しょうがい)の診断名はないんですけど、ずっと文句ばかり言うのです」 「...
子どもに指示が通らない理由と改善した具体的な例
ナレッジ
海外の学会に行くと、朝は長蛇の列から始まります。行動分析学の権威のある教授たちがコーヒーを買うためです。 まぁみなさん、並べません(笑)「1列で」という指示が通らないのです。なんとなく、団子状態になってレジの前まで移動し、そこでまた譲り合う...
子どもが脱走してしまう理由と対策!
ナレッジ
2〜3歳頃から子どもは活発さが増し、行動範囲も広がるので、好奇心のままに行動することがあります。 万が一子どもになにかあっては大変です。子どもの脱走は未然に防ぎたいもの。 今回は、「子どもが脱走してしまう理由」と「脱走する子どもの気持ち」、...
子どもの言葉(発語)が遅い原因と発達目安/言葉の発達のために「やってほしいこと」「避けてほしいこと」
ナレッジ
子どもは生後9ヶ月~1年6ヶ月ぐらいになると言葉を話し始める子が多く、3歳くらいになると質問をするようになります。子どもが話し始めてもいい時期を過ぎても、まわりの同じ年の子と比べたりして話し始めないと心配になりますよね。 今回は、子どもの「...
ABA療育を受けられるところとエージェントの選び方
ナレッジ
子どもの発達障害や自閉症について考えたとき、ABA(応用行動分析学)を用いた療育を検討する方もいらっしゃると思います。 その際、ABA(応用行動分析学)の療育を行なっているエージェントを探すことになりますが、まだまだ日本では数が少ないのが現...