チルドレン・センター

ABA(応用行動分析学)で自閉症を療育

テレヘルス(Telehealth)/オンライン指導とは?

テレヘルス(オンライン指導)は、デジタル技術の進化によりビデオチャットなどで自宅などどこからでも医療関係者の診察を受けることができるサービスです。米国では、1970年代には、医療業界でテレヘルスが使用され、病院にいけない人のオンライン診察が実施されてきました。以来、テレヘルスは成功を収めています。​国際資格である協会認定行動分析士-博士®(BCBA-D®)、協会認定行動分析士®(BCBA®)、協会認定準行動分析士® (BCaBA®)、そして登録行動テクニシャン®(RBT®)を持つ指導者が、は世界中にいますが、特に米国では医療従事者としての位置づけをされています。カリフォルニア州では、2011年にテレヘルスを使う指導に関して様々な研究が進められています。ABAでは、アセスメント、介入計画の作成、直接的な介入(個人・集団)、直接・間接的なスーパービジョン、ペアレントトレーニング、など様々な指導がテレヘルスによって行われます。​