ABA(応用行動分析学)で自閉症を療育

言うことを聞かない断固拒否する子供

こんにちは、ABAセラピストのインフィールドフライです。

今回のしゃべくりABAは、新しいおもちゃで遊ぼうと誘っても「やらない!」と断固拒否するお子さんのお話です。

プレイスキルの練習として新しいおもちゃやドリルに誘うと必ず「やらない!」と片づけてしまうお子さんがいました。
セラピーの中で機能分析をし、機能が【関心引き】だということが分かりました。

一見、やらないので【回避】の可能性もあったのですが、セラピストが「やらない!」という行動のみに関心を与えないと、
その行動はなくなり「先生!見て!」と言い出し関心引きをしていました。
そして、新しいものに対し失敗した経験が多く、
なぜ失敗してきたかというと、それはやり方をただ知らないだけでした。

○こちらが提示した課題が出来た時に関心をたくさん与える

○成功体験を増やす(プレイスキル・ドリルを絶対失敗させない)

○強化子を設定

このやり方で介入していきました。

音声指示を出さずに(音声で誘うとやらない!というため)、課題すべきものを目の前に置き、
1個の行動(ブロックを1個つける、ドリルでなぞりを一文字書く)を手伝いありで成功したら、
「ヒュー!かっこいい!上手にできたね!」と関心を与えます。

落ち着いて出来るようになってきたら、お子さんにやってもらう行動を増やし、課題の時間も長くしていきます。

4か月後には、あんなに「やらない!」と断固拒否していたのに、遊んでいる最中でも音声指示のみでこちらにきて、
全て提示したものをこなしてくれるようになり、セラピストと一緒にやらなくても一人で遊べる、書けるようになってくれていました。

なぜうちの子は「やらない!」と言うのだろうと、疑問に思われた時にはいつでもチルドレン・センターまでご相談下さい。
トミカサークル



チルドレン・センター
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-5-9
ミドルリバー広尾302
  • 駐車場あり(要予約)