ABA(応用行動分析学)で自閉症を療育

子供が怒りっぽい性格?

こんにちは、ABAセラピストのインフィールドフライです。

チルドレン・センターでABAセラピーをしていたお子さんで、
ブロックなどの細かい作業で、ブロックがうまく繋げられなくて「うわあああああ!!!」と
叫んでブロックを投げる行動がありました。

そして私は最近、キーホルダーの金具を上手く広げられず
「うわああああああ!!!やってられっか!!」と
キーホルダーは壊したくないのでそっとぽいっと優しく投げて、
そのお子さん同様に叫びました。
あまりにもその金具が硬かったのです。

私は冷静になったその後、相棒(スマートフォン)に「助けて」と言い、
解決方法を探る方法を教えてもらったので、工具を変えて無事解決できたのですが、
お子さんは叫ぶ、投げる代わりにどんな行動をしたら良かったのかというと…。

ズバリ(◎_◎)、

「先生つかないから手伝って!!」や、「ぼくがやりたいから先生はサポートしてて」など、
助けを求めることが出来たら、お子さんが楽になったのではと。

そして、叫ぶのも投げるのも問題行動ではなく、ヘルプを出せないことが問題になっています。

そのお子さんには、他人に助けを求める言語練習をしました。

言語練習を始めたセラピー中に、
セラピストが「先生つかないから手伝って」と言って見せて、
音声で真似をしてもらいました。

繰り返しているうちに、なななんと、そのお子さんから自発で「つかないからてつだって!」と言ってくれたのです…。
めっちゃ入るのが早いと驚きつつ、ブロック作業を手伝い、無事、立派なアミメキリンを完成させることが出来ました!
ライオンとわに



チルドレン・センター
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-5-9
ミドルリバー広尾302
  • 駐車場あり(要予約)